性器ヘルペスという性病はどのようなものなのか

性器ヘルペスはヘルペスウイルスの感染によっておこる性病になります。
口にできるヘルペスとは違うタイプとなっているのですが、フェラチオのように性器と口の間でも感染してしまいますので性器ヘルペスか一般的なヘルペスかの区別は難しくなっています。

性器ヘルペスに感染してしまうと、2日から1週間くらいの間に感染した周辺に水ぶくれができます。
その水ぶくれがやぶれてしますと強い痛みがでます。
この頃になると、太股のリンパ節に痛みが出る方もいます。
この痛みは人によって違うのですが、性器ヘルペスが重症の場合には歩くのが困難なほどの痛みがでることもあります。性器ヘルペスという性病が厄介な所は、70パーセントくらいの方は、自覚症状が現れません。
その間にセックスしてしまうと他の人に感染させてしますのです。

予防法としては、コンドームの使用が最も効果があると言われていますが、コンドームに覆われていない部分にウイルスが潜伏しているケースもありますので性器ヘルペスを完全に予防することは難しいと言われております。
まずは自分が性器ヘルペスに感染していないことを確認する必要があります。
検査する時間がないという方は性病検査キット 楽々確認術などで紹介されている検査キットを使ってみてください。

詳しくはこちら

ページのトップへ戻る