雇用形態職種業種もローンの審査に入る

不動産担保ローン、無担保ローンなどローンを借りる際再重視されるのが、安定した収入があるのかということです。
ローンで一番困るのが返済が滞ることなので当たり前と言えば当たり前のことなのですが、ローンを借りる際は雇用形態や業種、職種が審査の際の大きなポイントとなり、個人の場合、雇用形態は上から正社員、契約社員、派遣、アルバイトの順、職種は事務、営業、経営者など役員の順で優遇されます。
なぜ事務などデスクワークの方が有利なのかと言うと収入が安定しているからです。
経営者や役員は、景気の影響で収入が不安定になることがあるので事務などデスクワークが順位が上になります。

業種は医者など起業できる資格を持っていて安心した収入を得られる職業、飲食、ベンチャー企業の順で優遇されます。
収入の安定を重視するとこの順番になるのは納得の理由ですよね。
日本保証で扱っている無担保ローンは契約者本人が担保の対象になるので審査が厳しくなりますが、不動産担保ローンは不動産という担保があるため無担保ローンに比べると審査は緩くなります。
このご時世だと正社員になりたくてもなれない人は沢山いるのでお金で困ったことが起きた時は日本保証や不動産担保ローン会社に問い合わせしてみてください。


ページのトップへ戻る