見るべき情報を絞って賢く不動産投資

安全な投資先を不動産投資型クラウドファンディングで選ぶためには、まず案件が安定して供給されていることを見ていきましょう。
なぜなら、投資案件や募集金額が少ない時には案件が奪い合いが起こってしまうからです。
また、安定した案件が供給されているクラウドファンディングの場合には、自分の投資したい案件が見つけやすくなります。
さらに、まとまった資金の運用も可能となるため利回りも期待できるのです。

また、不動産情報がしっかりと開示されているのかもチェックしましょう。
見るべき情報として物件の住所と築年数は必ず押さえておきましょう。
これは資産価値を知る重要な手がかりとなります。
資産価値は貸し倒れリスクに直結するため、安全な資産運用に役立ちます。

さらに、不動産収入が妥当であるのかということを見てみましょう。
案件には情報として投資家に有利な条件を提示していることが多いですが、それが現実的であるのかどうかを見定める必要があるのです。
マンションの利回りは4%くらいが平均で、高くても7%くらいが相場だと言われています。
もしもこれよりも高い利回りが可能だという案件はどのような理由があるの調べなければいけません。
情報収集としてはクラウドアンサーのようなサイトをいくつか見て回るのがおすすめです。

https://crowd-answer.com/articles/クラウドファンディングの見返り

ページのトップへ戻る